• 2015.11.21 Saturday
0
    昨日の続きから、

    「くしゃみ、鼻水がとまらない。

    偏頭痛がときどき。
    足が冷え冷えでつらい。

    そんなときは、なにかを
    プラスするのではなく
    ストップするのが僕には、効果的です。」

    今までは、
    体調がわるい、気分が悪い
    そんなときには、
    やみくもに栄養がありそうなもの、
    気分があがるものを摂取することで
    ごまかしていました。

    治らないものに関しては、
    アレルギ−だから、
    そういう体質だからと
    自分に言い訳してきました。

    しかし、習慣的に
    毎日のように口にいれているものを
    ひとつ、
    1ヶ月やめてみることで
    ぴたりと体調がすぐれるようになりました。


    本日のMYルール「ひとつやめれば、ひとつだけよくなる。」



     
    • 2015.11.20 Friday
    0
      くしゃみ、鼻水がとまらない。
      偏頭痛がときどき。
      足が冷え冷えでつらい。

      そんなときは、なにかを
      プラスするのではなく
      ストップするのが僕には、効果的です。

      コーヒーや粉もの(パンや麺類)を控え
      自分で温めた白湯、お茶。
      自分もしくは身近な人が炊いてくれたごはんを
      摂るようにしています。

      そして無理に3食お腹いっぱいではなく
      腹7分目、グっ〜と鳴いたら頂く。

      都会で過ごしている時間でも
      大切な人からのおくりものの玄米と
      手作り梅干しで自然を感じれる。



      • 2015.06.01 Monday
      0


        あなたの思い上がりです




        美術家の篠田桃紅さんの著書
        「一〇三歳になってわかったこと」
        の一文からのお言葉です。

        人というものは納得できないことのほうが多い。
        わからないことのほうがずっと多いとおっしゃっていました。



        自分も、あのときなにかできたことがあったのではないかと
        悩むことが多々あります。

        しかし、自分もふくめ、人は不思議な生き物なのだから
        簡単に理解したふりはできないはずです。

        それでも人というものが
        どういものであるかわからないから
        古典を読んだり、絵を描いてみたり、
        むかしの人のメッセージから何か読みとろうと
        試みるのではないでしょうか。






        おばあちゃんの言葉で
        自分で勝手に課せていた肩の荷が下りました。
         
        • 2015.01.13 Tuesday
        0
          おばあちゃんちでご飯をたべると決まって
          旬の食材を定番のメニューで食べた気がします。

          農家だったので野菜はいっぱいで
          田舎の田舎だったので、情報も少なかったから
          新しい料理にあえてトライすることもなかったのかも。
          でもそれが美味しかったし、楽しかった記憶でしかないです。

          だからこそ原点回帰。

          ロカボア(locavore)

          かんたんにいえば、地産地消。

          アメリカで100マイル(160キロ)以内で、顔が見える生産者から
          食料を入手しようという姿勢に対する言葉。

          「loca」「ローカル」、「vore」「食べる人という」意味。
          造語です。

          本日の僕の静岡産
          locavore率は75%でした。

          • 2015.01.12 Monday
          0
            おばあちゃんがたっぷりの味噌をつけて
            握ってくれたおむすび。

            お正月に食べた、ほどよくだしの効いた
            おかあさんがつくってくれたお雑煮。

            「こどもの頃好きだったと」思い出話だけで
            次の日の晩ご飯に用意してくれた妻の押し寿司。

            美味しいと思えることは幸せです。

            僕にとっての美味しいは、
            「家族や良き友の手づくり」
            「ストーリーがあること」
            「目の前の食事にちゃんと感謝できること」

            この3つの経験で味わった自分の感激を
            自分と関わるみんなにも楽しんでもらいたくて
            日々、食の仕事をさせていただいている中で
            何かを探し続けています。

            あなたにとっての美味しいって何ですか?




             

            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>

            SELECTED ENTRIES

            CATEGORIES

            ARCHIVES

            お問合せ

            ご質問、ご要望などありましたら、ご遠慮なくお問合せ下さい。
               
            メールアドレス

            SEARCH THIS SITE

            MOBILE

            qrcode

            OTHERS